ワンランク上への第一歩

少しおトクに。お小遣いとかポイントとかマイルとか。

ウエスティン マルタ クラブフロア宿泊

 

 

 

 

マルタ島の2泊目と3泊目は

ウエスティン ドラゴナーラ リゾート マルタ

に宿泊しました。

特にホッピングを狙ったわけではないのですが、めったに来れるわけでもないのでマルタ島に2つあるSPGホテルの両方に泊まってみようと思ったのです。

 

もちろん、支払いはSPGアメリカンエクスプレスカードです。

支払った時の「アレ」がダントツに違います。

持っているだけでゴールド会員としての待遇も受けることができますし、海外だとスイートルームになったというブログもありましたね。

 

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223011453j:plain

 

カジノに行く側の車路

f:id:onemanwanderer:20170223011541j:plain

 

 

東側の海岸

この画面のすぐ右にヒルトンホテルがあります。

f:id:onemanwanderer:20170223011624j:plain

 

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223011707j:plain

白いテラスの上側がクラブラウンジになっています。

 

 

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223011802j:plain

3階ロビーのラウンジ

夕方は何かのパーティーが催されていました。

 

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223011858j:plain

フロントは3階

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223011953j:plain

フロントの前にはレモン水が用意されています。

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223012103j:plain

部屋は7階のクラブフロアになりました。

7階と8階がクラブフロアでした。

 

 

 

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223012149j:plain

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223012251j:plain

ダブルベッドが2つ。

部屋に入った時にはガウンとスリッパが2組、ベッドの上にありました。

いつもこうなのか、ちょっと理解し難いです。

 

f:id:onemanwanderer:20170223184623j:plain

浴室はシャワーヘッドが固定されていて、

シャワーを浴びるためには排水キャップを踏むことになって使いにくさが気になりました。

 

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170223183604j:plain

客室は南北の棟に別れていて、南側の7階です。

 

f:id:onemanwanderer:20170223183911j:plain

 

f:id:onemanwanderer:20170223184243j:plain

この、プライベート・ビーチ感は好いですね。

ヒルトンホテルにもインターコンチネンタルホテルにも、ホテルに隣接する海水浴場はありませんでした。

海好きにはものすごいアドバンテージです。

家族連れで海水浴を楽しむなら、ル・メリディアンよりもこちらが向いているのではないでしょうか。

 

ヒルトンホテルも海に隣接はしていましたがヨットハーバーで、ヒルトンホテル専用ではありませんでした。

 

f:id:onemanwanderer:20170223184353j:plain

 

 

 

 

 

 

カジノ

そして、ウエスティンにはカジノがあります。

 ホテルを決めるまでは知りませんでしたけどね。

 

f:id:onemanwanderer:20170223184934j:plain

 

f:id:onemanwanderer:20170223185051j:plain

 

f:id:onemanwanderer:20170223185154j:plain

 

f:id:onemanwanderer:20170223185438j:plain

このカジノはマルタ島で一番規模が大きいカジノだそうです。

 

入場は無料

・初めての入場は入り口受付でカードを作成。

・カードの作成にはパスポートが必要で、その場で顔写真を撮影。

・ルーレット1チップが1ユーロ

・レストランとバーが併設。遊ばずに食事や飲むだけでもOK 

 

カジノに入るのは初めてだったので少し期待したのですが、はっきり言って日本のパチ○○店です。

画面の大きめなデジタルスロット機がゆったりと配置されているところが、狭い空間にシマを作って台を並べる日本のパチ屋との差でした。

とは言え、デジタルなら結果は火を見るよりも明らかです。

出玉率とかの話になります。

↑どうやって計算してます?わかりますね^^

日本のおばあちゃんがパチ○コ台に1万円札をガンガン差し込んでいるようなシーンが再現されていました。

そう、お客さんのほとんどは地元の高齢者です。

 

他にはポーカーとルーレットが4卓ずつあり実際に球を回したりしていましたが、処理のほとんどは自動です。自動麻雀卓みたいなものですね。

ポーカーは相手が必要なので、1卓しか稼動していませんでした。

ルーレットだけ試しにやってみて、25ユーロ使って全損で出てきました。

 

まぁ、遊ぶ程度に割り切ればいいですが、のめり込んだら胴元に全部もっていかれるだけです。

 

 

 

こちらの記事で、ウエスティンよりもル・メリディアンのほうが良い、と書きました。それは以下のような理由です。

目的もあるでしょうし好みもあると思いますが、行かれる方のご参考になれば。

 

 

このウエスティンにあるカジノですが、ヒルトンホテルやインターコンチネンタルホテルの前にもそれぞれありました。名称は違いましたし、系列は同じかどうかはわかりませんが、構図は同じと思われます。

賭博をしたくて行ったわけではありませんし、日本人なら(パチ店で)見慣れた光景なので、ウエスティンだけでなく、ヒルトン、インターコンチネンタルに行く必要もないと思います。

 

あと、ウエスティンのところはバスの便が悪いんですよ。

バス停は近くにあるんですが、あまり本数がない。

路線が多いバス停は少し歩かないといけません。

その点、ル・メリディアンは海岸線メインストリートにあるので、たいていのバスは止まります。

観光名所のバレッタにバスセンターがあって、バレッタより向こうに行きたいときはバレッタで乗り換える。

最初にバスに乗って1.5ユーロ払ったときに伝票がもらえて、そこにQRコードが書いてあります。

乗り継ぎはその伝票をもって1時間以内に、QRコードを読み取らせれば無料で乗り継ぎできます。

 

ということで、ウエスティンが悪いというわけではないのですが、プライベート・ビーチで海水浴が目的でないならル・メリディアンのほうが便利です。